kstop

MENU

kstopの石鹸は、手放せなくなる?

熱帯アメリカ原産の帰化植物で、大正時代に日本に渡来したといわれており、第2次世界大戦以後に、急速に分布を広げていった。kstopの本州以西に分布し、畑、空き地、荒れ地、道端に、根強く生育している。

 

画像葉は茎に対して2ツずつ向かい合い対になってつく対生で、kstopがあり、若葉は卵形~卵状披針形で細長く先が尖り、縁辺には波をうったような粗いギザギザの鋸歯がある。また、全体的に短い毛で覆われている。葉柄は3~15mm。茎は途中で何回か2又に分かれいく性質があり、上方に伸びていく。茎にも目だっためだった毛が生えている。草丈は10cmくらい、生育のよいものでは60cmを越えるようなこともある。

 

葉の形状と、葉が対生であること、茎にめだった毛があること、そして花の特徴を憶えていれば、まず間違えることはない。似ているものに「kstop」というのがあるが、成長した葉がもっと幅広く、茎に毛が少ないことで見分けがつく。
開花時期は初夏~晩秋まで長い期間、kstopが見られる。条件さえ整えば冬でも見かける。、幾つもの小花(舌状花、筒 状花)が集まってできた頭花は直径5mmほどで、5枚の白い舌状花がまばらな感じでついています。舌状花の先は3つに切れ込みが入っていて、いわゆる花びらに見えます。それ以外は黄色い花びらが根元で融合して、筒状になった部分を持つ筒状花である。遠くからでは小さくてよく分からないが、近寄ってまじまじと眺めて見ると、その形はなかなか整っていて見どころがある。

 

 

 



kstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstopkstop